ダイエット中の食事内容はどうするか?

こんにちは
ココロとカラダのダイエット ダイエットコーチ 野村かおりです^^

ダイエット中の食事管理どうやって考えていますか?

ダイエット中の食事内容、控えめに、タンパク質をたくさんね!と言われても何をどうしたらいいかわかりませんよね?

それに普通の量さえわからないってことないでしょうか?

自分の常識、他人の非常識という言葉があるように、普通の基準って人それぞれ。。。

ダイエットはカラダ作り。

自分の当たり前って他の人にとって当たり前じゃなかったり、意外な習慣の違いもありますね

そんな皆さんのわからないを解消するために、

それぞれの生活パターンや食事の癖を把握するのに希望者のみになりますが、食事を毎日見せてもらっています

今回はダイエットコーチングをしているお二人のお食事内容を特別に公開させていただきます^^

 

この方は、普段からお野菜もタンパク質もしっかり食べていらして、でもなかなか思うように結果が出なくて困ってました。
食べているものも悪いものはなく、健康的に見えますね✨

しかし、量が多すぎるに気づいて改善。(これにご飯も写っていませんがプラスしています)

量が多すぎるといけないのは、ご自身の代謝より多いと脂肪が燃えづらいから。
気づいた後はお食事を適切な量にし、カロリーコントロールと筋肉量の維持のため、

サポートを受けながらプロテインも併用して、体脂肪もスルスルとダウンしました♪

 

そしてこちらの方、家族で大皿料理を食べていたので自分の量が把握できない状態。

自分が食べている量と内容を把握するって意外にすごく大事なことなんです!
自分専用のプレートに乗せるように変えたら量が把握できるようになりました!

まだ課題はありますが栄養プログラムを併用しながら2カ月で−7キロの減量が出来ています!

 

食事の内容を見せていただくのは、ダメ出しをするためじゃなくて、
パターンの把握のため^ ^

そうすると不思議、、、客観的な目線が入ることで、
あれ?って気づけたり、変えることもスムーズ。

自分で気づいて自分で変えられるのが1番なんです❣️

例えば、私が「この通りに食べてくださいね!」と言ったとしたら

もしかしたらその人の生活習慣に全く合わない場合もありますし、考えなくなることは習慣にもなりにくいのです。

食事の量や内容、好みって人によって違うからそこを知るって大切なこと。

もちろんそれぞれの生活パターンに合わせて、スムーズな習慣に変えることができるから、無理がなく継続できます!

変わると一生使える痩せパターンです✨習慣は自分自身となるから。

バランスがなかな難しい方も、

栄養プログラムを併用でパランスの問題も解決できちゃいます!

自分をあきらめない
自分の人生を生きる
『ココロとカラダのダイエット』

自分の人生を生きたい、変わりたいあなたの
ダイエットを応援させていただきます!

LINE 講座のご案内、ダイエット、ビューティー、メンタル情報はこちら
(こちらの情報が1番早い講座、セミナー情報が知れます。)

関連記事

  1. よくある痩せない理由

  2. 自分に合ったダイエットを選ぶには?

  3. ダイエットで痩せにくい人、痩せやすい人

  4. 40代過ぎて体型が変わってしまって困ってる方へ

  5. 太りにくい食べ方をすれば痩せるだけじゃく若返る!

  6. ダイエット中にプロテインがオススメな理由①